World Topics Jakarta, INDONESIA
Learn & Play! teamLab Future Park 遊びながら学ぶ!チームラボ、未来の公園がジャカルタに登場

Learn & Play! teamLab Future Park 遊びながら学ぶ!チームラボ、未来の公園がジャカルタに登場

2017年6月5日、チームラボ主催の「Learn & Play! teamLab Future Park」がインドネシアの首都ジャカルタ中心部にあるグランドインドネシアモール内にオープンしました! イスラム教徒が9割を占めるインドネシアにおいては、6月は断食月(ラマダン)であり、多くの教育機関が休みに入るため、オープン当初から大勢の家族連れで賑わいをみせました。

日本では知名度のあるチームラボですが、ここ数年、アジアにおける注目度が高まってきています。今回インドネシアには初進出ということで、日本およびインドネシアのチームでは、新聞、雑誌への掲載を始め、さまざまなメディアを通じて広報活動に努めてきたといいます。

グランドインドネシアモールは、一流ブランドショップの並ぶ高級ショッピングモールで、今回の開催を全面的にバックアップしています。店内随所にチームラボの看板が設置され、無料で配布されているリーフレットにも大きく掲載されています。

グランドインドネシアモールは、一流ブランドショップの並ぶ高級ショッピングモールで、今回の開催を全面的にバックアップしています。店内随所にチームラボの看板が設置され、無料で配布されているリーフレットにも大きく掲載されています。
また、期間中、同モール内の店舗にて支払った100万ルピア(約8,600円)以上のレシートを持参すれば、1日25名限定で2枚のチケットがプレゼントされるなどの特典も用意されています。

大勢の家族連れで賑わうエントランス
大勢の家族連れで賑わうエントランス

今回の企画では、LIGHT BALL ORCHESTRA(光のボールでオーケストラ)、SKETCH AQUARIUM(お絵かき水族館)、HOPSCOTCH FOR GENIUSES(天才ケンケンパ)、CONNECTING! BLOCK TOWN(つながる!積み木のまち)、SKETCH TOWN(お絵かきタウン)、SKETCH TOWN PAPERCRAFT(お絵かきタウンペーパークラフト)、STORY OF THE TIME WHEN GODS WERE EVERYWHERE(まだかみさまがいたるところにいたころのものがたり)と、7つのアトラクションが用意されています。

実際に中に入ってみましょう。休日は、オープンから1時間程度で人がいっぱいになり、座る場所もないほどです。会場スタッフによると、一番人気は光のオーケストラだそうです。他にも、自分の好きなように色を付けた紙の上の乗り物が、大きなスクリーン上で3D化して自由に走り回るお絵かきタウンも人気があります。また、お絵かきタウンで走り回った乗り物が紙で3Dに再現できるペーパークラフトのコーナーには、プリント待ちの行列ができていました。プリントされた紙をはさみで切り取って、苦労して立体に作り上げるという、アナログな作業が意外にも新鮮なようです。

光のオーケストラ
光のオーケストラ

お絵かきタウン
お絵かきタウン

お絵かきタウンペーパークラフト
お絵かきタウンペーパークラフト

お絵かき水族館
お絵かき水族館

オープンから数ヶ月経ち、子どもたちは学校に戻っていますが、一日1,000人以上の入場者を記録するほど人気は続いています。その理由について、チームスタッフに尋ねると、じつはTwitterなどのソーシャルメディアの貢献も大きいそうです。インドネシアの地方紙、ジャカルタ・グローブによると、インドネシアにおけるTwitter利用者数は世界第5位、Facebookにおいては世界第3位と報告されています。ソーシャルメディアでこの未来的なチームラボの取り組みの写真や感想がアップされ、それを見た人が訪れて、どんどん人が人を呼んでいるようです。

CG技術や音楽を駆使した7つのアトラクションが体感できる「Learn & Play! teamLab Future Park」。ジャカルタの人びとを魅了し、感動の体験がソーシャルメディアを通じて広がり、ますます人が訪れることは間違いなさそうです。
※ジャカルタでの開催期間は10月8日まで

Learn & Play! teamLab Future Park
https://www.teamlab.art/e/plazaIndonesia/

このエントリーをはてなブックマークに追加