World Topics Paris, FRANCE
Le Grand Musée du Parfum “香り”の新感覚体験!パリの「香水大博物館」

Le Grand Musée du Parfum “香り”の新感覚体験!パリの「香水大博物館」

香水のミュージアム。そう聞いてどんなところを思い浮かべますか?香水の歴史、香水の原料となるものや香水瓶の展示を想像するかもしれません。

“香り”という目に見えないものを紹介するために、2016年12月にパリにオープンしたばかりの「Le Grand Musée du Parfum(香水大博物館)」はとても斬新なアプローチをしています。歴史や原料、香水瓶の展示もありますが、館内に香りを放つスポットが多くあり、まさに香りを新しいかたちで体験する場所になっています。

例えば「香りの庭」という展示室に入ると、白いランプのようなかたちをしたオブジェが多数設置されていて、それぞれが異なる方向を向いています。オブジェの中央部分には絵が描かれていて、手をかざすとセンサーが反応してチョコレートや花、海をイメージした香りなど、様々な香りが放たれます。展示室はまるで現代アートミュージアムのようです。来場者はこのオブジェに鼻を近づけて、うん納得、という顔をしたり、不快な匂いなのか露骨に顔をしかめたりと、新感覚の香り体験を満喫しています。

Le Grand Musée du Parfum “香り”の新感覚体験!パリの「香水大博物館」

「25の原料」という展示室では、天井から雫型のオブジェが吊るされていて、中にはブロンズ色の球体が置かれています。香水の原料は実に1,500種類あるとのことですが、ここではラベンダー、バラなど25の基本的な原料を嗅ぐことができ、ブロンズの球体を手にとって体験します。球体を持ち上げる前に回転させるとランプが点灯し、好きな言語を選べるようになっています。10ヵ国語のうち「JP」が点灯する箇所で持ち上げると、原料が歴史上どのような役割を果たしてきたかについて、日本語の解説が球体から流れてきます。香りを体験するだけでなく、最新技術を取り入れたモダンなミュージアムなのです。

Le Grand Musée du Parfum “香り”の新感覚体験!パリの「香水大博物館」

そのほか、「香水のオルガン」という、香水瓶をオルガンに見立てた光と音のインスタレーションなど、実にユニークな展示室があります。香水製造や調合についての展示室もあるため、香りを体験しながら、香水に関する専門的な知識を学ぶこともできます。ミュージアムにはモダンな雰囲気の香水のコンセプトストアも併設されていて、香水のスペシャリストが丁寧に説明をして、自分にぴったりの香水を探す手伝いをしてくれます。ぜひ一度、香りの新感覚体験をしにいってみてはいかがでしょうか。

Le Grand Musée du Parfum “香り”の新感覚体験!パリの「香水大博物館」

Le Grand Musée du Parfum “香り”の新感覚体験!パリの「香水大博物館」

Le Grand Musée du Parfum “香り”の新感覚体験!パリの「香水大博物館」

Le Grand Musée du Parfum
http://www.grandmuseeduparfum.fr/

このエントリーをはてなブックマークに追加