World Topics Bangkok, THAILAND
Gaggan グルメ都市バンコクで味わう、驚きの食のエンタテインメント

Gaggan グルメ都市バンコクで味わう、驚きの食のエンタテインメント

様々な人種や文化が混じり合い、東南アジアの中心都市となったバンコクは、世界中の食文化がミックスされたグルメ都市でもあります。そのバンコクで、2015, 16年の2年連続「アジアのベストレストラン50」の1位を受賞し、いまや最も予約が取れない店として、世界中から訪れる食通を唸らせるレストランが「Gaggan(ガガン)」です。

オーナーシェフであるインド人のGaggan Anand氏は、分子ガストロノミー(分子料理)の先駆けとして世界的に知られるフェラン・アドリア氏がオーナーを務めたスペインの「エル・ブリ」(2011年に閉店)で修行を積み、2010年にGagganをオープン。自身の故郷であるインド・コルカタのストリートフードに発想を得て、そこに和洋・タイのエッセンスを加えて唯一無二の分子ガストロノミーを提供しています。

シェフのGaggan Anand氏(公式サイトより)
シェフのGaggan Anand氏(公式サイトより)

独特のスパイスやカレー料理などはインド料理を彷彿とさせるものの、抹茶をモチーフにしたスープや、わさび、和牛といった日本食材を多く使うことも特徴です。サーブされる時のプレゼンテーションもじつに見事で、五感に訴える料理の数々は、訪問する度にワクワクさせてくれます。

取材時のコースは、前菜からメイン、デザートまで全部で8品。一品一品を言葉で説明するのは非常に難しいのですが、すべての皿に共通するのは、見た目と食感、味わいが一致しないこと。つまり、見た目から口に入れるまで、一体どんな料理かわからないのです。そもそも食べ方がわからないお皿もあり、英語が流暢なサービスマンが丁寧に解説してくれ、食べる順番もレクチャーしてくれるため、初めてでも驚きの体験を楽しむことができるでしょう。

Gaggan※取材時の料理例

Gaggan※取材時の料理例

Gaggan※取材時の料理例

Gaggan※取材時の料理例
※取材時の料理例

「百聞は一見に如かず」ということで、バンコクを訪れる際にはぜひ一度Gagganで驚きの食のエンタテインメントを体験してみてくださいね!

Gaggan※取材時の料理例

【Gaggan】
68/1 Soi Langsuan Ploenchit Road Lumpini,Bangkok 10330
TEL: +66-2-652-1700(※要予約:宿泊ホテルコンシェルジュからの予約を推奨)
メニュー: 4,000バーツのコースのみ
http://eatatgaggan.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加