World Topics  From Bangkok, THAILAND
theCOMMONS タイ人富裕層や外国人が集うハイセンスな“都会のオアシス”

theCOMMONS タイ人富裕層や外国人が集うハイセンスな“都会のオアシス

バンコクのトレンド発信地であり日本人の居住地としても有名なトンロー地区に、2016年2月にグランドオープンしたコミュニティモール「theCOMMONS」(ザ・コモンズ)。都会の喧騒からほんの少し離れながら、優雅な雰囲気を漂わせ、土日は欧米人やタイ人富裕層で大いに賑わっています。

ザ・コモンズの外観 ザ・コモンズの外観

内装にはナチュラルウッドを多用し、シンプルかつセンスあふれる落ち着いたデザインは、これまでになかったタイプのモールといえます。バンコクにおけるサードウェーブ系コーヒーの先駆者としても知られるカフェ「Roast」が手がけたことでも有名で、オーナーによれば、3年前から構想していたそう。「自然と人が集まるような場所にしたかった」という願いが込められ、ときに家族連れの憩いの場、ときにデートスポットとして注目を集めています。

theCOMMONS タイ人富裕層や外国人が集うハイセンスな“都会のオアシス

1階(Mフロア)には、主に飲食店など20店舗がひしめくフードマーケットが広がります。エントランスを入ると、コーヒーの名店として知られる「Roots Coffee」(Roastと同経営者)が右手にあり、フランス発のブーランジェリー、スイーツ店、フレッシュジュース店、パイ専門店、ヘルシーフード店、台湾風カフェ、ベトナム料理店など、いずれも身体に優しい素材を使った飲食店が入居。世界中のワイナリーから厳選したワインショップや数百種のクラフトビールを揃える専門店などもあり、お昼からお酒を楽しむ人もちらほら。混雑しながらも、どこか“ゆるさ”を感じさせる優雅な空間が心地よさそうです。

多彩な飲食店が集まるフードマーケット

多彩な飲食店が集まるフードマーケット

多彩な飲食店が集まるフードマーケット
多彩な飲食店が集まるフードマーケット

2階には、子ども向けのアクティビティを実施しているワークショップ、世界の知育玩具を集めたショップ、設備充実のジムなどが入居。3階は前述したカフェのRoast(コーヒーだけでなく美味しいカフェ飯&スイーツメニューも豊富)やガーデンもあり、まさに都会のオアシスを演出。緑があふれ、一息つけるフロアとしてファミリー層にも最適です。

吹き抜けの空間とナチュラル感が心地よい

吹き抜けの空間とナチュラル感が心地よい

吹き抜けの空間とナチュラル感が心地よい
吹き抜けの空間とナチュラル感が心地よい

在住者からしても「ここが本当にバンコク?」と唸らざるを得ないセンスが詰まったザ・コモンズ。観光としても、在住者もぜひ一度訪れてみることをおすすめします。

ザ・コモンズのようなコミュニティモール(小規模でテーマ性をもった個性的なモール)は、近年バンコクに増えてきています。その背景には、欧米や日本などを見てきたタイの富裕層や実業家たちが、感度の高いタイ人や在住外国人向けに新しいトレンドを持ち込み、展開しているためです。新しいトレンドの多くがそうしたところから生まれています。欧米や日本のトレンドとタイカルチャーがミックスする時代。これからのバンコクはますますおもしろくなりそうです。

theCOMMONS:
335 Soi Thonglor 17, Klongton Nue, Wattana, Bangkok 10110
https://thecommonsbkk.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加