World Topics From Paris, FRANCE
Aqua Ciné-歴史的建造物のプールの中で映画を楽しもう!

Aqua Ciné-歴史的建造物のプールの中で映画を楽しもう!

パリでは、夏に野外で映画上映会が開かれるなど、映画館以外での様々な映画の楽しみ方が広まっています。

パリ5区・カルティエラタン界隈の市営プール「ポントワーズ」は、1934年に建設され、その立派な佇まいから1998年には歴史的建造物に指定されました。歴史あるこのプールで何か風変わりな試みを企画しようと、プールサイドに高さ4.5m、幅6mの大きなスクリーンを設置し、プールに入りながらスクリーンに映し出される映画を鑑賞するというユニークな映画鑑賞スタイルを考案。このイベントは「Aqua Ciné(アクア・シネ)」と名付けられ、2015年にスタートしてこれまでに「ゼロ・グラビティ」と「ライフ・アクアティック」を上映しました。定員150人のチケット(15~18ユーロ)はすぐに完売するほどの人気ぶり。水着を着た観客は浮き輪から映画を楽しむという不思議な体験ができます。このイベントを楽しんでもらうために、通常28℃に設定されている水温は映画鑑賞の時間を考えて33℃に保たれ、また5人の救急チームが待機するという徹底ぶり。

今年はプールでどんな映画に出会えるのでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加