World Topics  From  Shanghai, CHINA
嘉定図書館 伝統建築様式×モダンで快適な空間が人気の公共図書館

嘉定図書館 伝統建築様式×モダンで快適な空間が人気の公共図書館

東京の蔦屋書店を意識して作られたといわれる「衡山・和集」や、今年オープン予定の世界最高階書店など、高いデザイン性と快適な空間をコンセプトにした書店のオープンが相次ぐ上海。そんな中で市政府もモダンでハイテクな図書館の建設に力を入れています。

その成功例のひとつが、2013年にオープンした「嘉定図書館」。
同年にアメリカの建築誌で「世界最優秀公共図書館」に選ばれ、現在も週末は閲覧室が満席という人気です。素焼きの蛐蛐罐(伝統的なコオロギ入れ)を重ねたような外壁、竹を植えた中庭など中国らしい建築様式を採用しつつ、Wi-Fi、電源付き閲覧デスク、視聴覚室、24時間対応ルームなどの最新設備を完備。ずっといたくなるような心地良さを追求した、まさに理想の図書館です。

伝統の焼物を感じさせる外壁
伝統の焼物を感じさせる外壁

閲覧室やワークスペースは上海っ子で常に満席
閲覧室やワークスペースは上海っ子で常に満席

公共施設であるため利用はすべて無料。企画展も行われます。また、図書館周辺には人工湖を望む広大な公園があり、すぐ隣にはハイアット系列の高層ホテルが建設中。ホテルステイとセットで図書館を楽しむ休日というスタイルも今後人気が出そうです。

恐竜に関する迫力の展示が開催されていた
恐竜に関する迫力の展示が開催されていた

 

嘉定図書館:上海市裕民南路1288号http://www.jdlib.com