World Topics  From   Shanghai, CHINA
石庫門家庭博物館 住居兼博物館で上海の古き良き庶民的生活を体感!

石庫門家庭博物館 住居兼博物館で上海の古き良き庶民的生活を体感!

最近上海では、「原汁原味(素材の味そのままの)」というグルメ用語を、モノやファッション、施設などの紹介文に使うことがブームになっています。レトロ回帰や伝統的生活の価値を見直す動きでしょうか。そんな、原汁原味の上海の昔ながらの庶民的生活を見学できるのが「石庫門家庭博物館」です。

建物は、石庫門と呼ばれる上海式の長屋住宅。築80年という家屋の一角が開放されており、展示品は本物の家財道具などです。館内は洗濯物も脱いだ上着もホコリもそのままになっていて、生活感満載。よくある「古民家展示館」や「文化財住宅」とは一線を画した、ほんとうに生の状態の博物館です。
住人兼館長は70代の年配者ですが、開館日でも病院や買い物に行く日は見学不可。「博物館ではなくその人の家なんじゃないか」という声も聞こえてきそうですが、公共施設としてきちんと登録されています。地元政府から派遣された大学生のインターンもいて、外国人向けに英語で上海の生活や文化について解説してくれるサービスもあります。入場は無料。係員は「また来てね」と見送ってくれるとか。

石庫門家庭博物館

石庫門家庭博物館

日本でも白川郷や五箇山など、実際に住人が昔ながらの生活を送りつつ歴史遺産として多くの観光客を迎えている場所が人気ですが、この石庫門家庭博物館も上海の古き良き暮らしを知るにはナイスアイデアな博物館ですね!

石庫門家庭博物館:上海市永康路38弄35号 開館/土曜日 9:30〜11:30 13:00〜16:00