World Topics  From   Shanghai, CHINA
多楽島蹦床公園 親子も、ビジネスマンも、トランポリンで楽しく運動!

多楽島蹦床公園 親子も、ビジネスマンも、トランポリンで楽しく運動!

新興住宅地が集まる上海宝山区に昨年登場した「多楽島蹦床公園」は、3000平米のフロアにトランポリンを敷き詰めた屋内パーク。親子連れはもちろん、仕事帰りにただ飛び跳ねたい30代のお一人様、本格的にトランポリン競技の練習をする学生、一角を貸し切ってトランポリンパーティーを開催する企業など、さまざまな層に利用されています。料金は129元(3時間/夜間、団体割引有り)で、荷物と靴をロッカーに預け、専用の靴下をもらって入場。あとは好きなだけ跳ねることができます。

設置されているトランポリンは、約2m四方の個人用、大ジャンプでダンクシュートができるバスケットゴール付き、落ちても跳ね返れるロッククライミング用の壁付き、横っ飛びができる側面型トランポリンなど多種多様のトランポリンを整備。20~30分で汗だくになり、筋肉痛が数日続くという意外な運動量も話題のようです。

多楽島蹦床公園

ジョギングやジムより楽しく、ウェアや器具、特別な技術も不要で、気候にも左右されずに運動不足が解消できるトランポリン。今後もさらに注目を集めそうです。

多楽島蹦床公園(トランポリン・パーク) 上海市宝山区殷高路65号4階